本文へスキップ
ファイナンシャルプラン設計事務所<ファイナンシャルプランナーの家計相談・家計見直し相談>

<家計相談・家計見直し>ファイナンシャルプランナーの相談窓口
powered by 吉祥寺FP事務所

●個人情報保護方針 ●免責事項 ●サイトマップ

シングル女子のあんしん未来家計簿

シングル女子の
あんしん未来家計簿

シングル女子の「家を買うべきか?」などの疑問にスッキリご回答。

シングル女子のあんしん未来家計簿

単身女性のQ&A|将来の老後に備えてマンションを購入すべきか、賃貸生活を続けるべきでしょうか?


Q(質問) ご相談内容

専門商社の事務職として10年以上働いています。都内の家賃7万5000円 の賃貸マンションに住んでいますが、友人や同僚から家賃がもったいないと言 われています。 老後の心配はまだ早いとおもいますが、ワンルームマンションを買いたいと考えています。ファイナンシャルプランナーの方のご意見をお聞かせください。

<世帯の概況>
 ・女性40歳 年収320万円(専門商社事務職)
 ・兄夫婦が親と同居しているため、親との同居予定なし ・自己資金450万円


A(回答) FPのご回答

老後までの家計の予想キャシュフロー(現金収支)を詳しく計算 したところ、現在の賃貸生活を 続けた場合は老後の資金繰り が厳しくなることが予想されます。
一方、1700万円以内の築10年以内の中古マンションを購入した場合、老後の資金繰りは安定することが見込まれます。ただし15年後あたりの手元資金が厳しくなるため、めいいっぱいローンを組まず、1600万円以内のマンションがベターです。
また、マンションを購入する場合、将来の結婚などライフプランの変更が生じた場合の対応を検討しておく必要がありますが、賃貸の需要がある立地であれば貸し出したり、売却で対応できる場合もあります。今回は60歳から年金の支給される65歳までの就業環境をお伺いし、ローンの借入期間などを調整することで、全体的な最適化を図ってバランスを取っています。
尚、不動産を所有する場合、万一の震災に備えた地震保険への加入をアドバイスしています。


シングル女性40歳が賃貸に住み続けた場合とマンションを購入した場合のキャッシュフローの比較、予想図

※ご相談者さまの家計状況や将来予想等により、アドバイスの結果は異なります。 一つの参考事例としてご覧ください。


ファイナンシャルプランナーの相談コーナー(Q&A集)へ

ファイナンシャルプランナーの相談(トップページへ)

ネットで簡単&手軽

インターネット・電話・郵送等によるFPのカウンセリングを簡単&手軽にご利用いただけます(日本全国対応)
ご面談を希望される場合は当社グループの吉祥寺FP事務所をご利用いただけます(東京・新宿・吉祥寺にてご面談いただけます)

明瞭・安心価格

「無料」の事前相談サービスを導入しております。本申込後はコースに応じて明瞭・安心価格でご利用いただけます。まずはお気軽にお問合せください。本申込後でも安心のキャンセルポリシーを導入しております。

日本全国対応

全国の都道府県にお住まいの方に対応しております(事務所の所在地は東京です)
※海外駐在員の方も好評受付中です

安心の独立系FP

保険代理店系等のFPではありません!保険の押し売りなどは一切なく、安心してご利用いただけます


<主な取扱内容>
●家計診断・収支改善
●生命保険の見直し
●教育資金・教育ローン
●老後資金・自分年金・
 資産運用
●住宅購入・住宅ローン
●住宅ローンの借り換え
●相続対策
●その他、家計全般のお悩み

●法人・団体・組合
 社員・職員さま向けライフ
 プラン教育研修

FP相談ご予約はこちら(相談コース・料金)








スマートフォン版